繰り上げ返済

住宅ローンでは一時的にまとまった資金ができると返済に回すことができる仕組みがありますが、これを繰り上げ返済と呼んでいます。
繰上げは元金を直接減らすことができますので、金利の負担が少なくなりますし返済期間の短縮も可能となります。
繰上げは高額なローンを利用する際に活用できる方法となり、自動車ローンなどの場合には繰り上げではなく残金一括返済となります。
小額ローンでは一括返済が基本ですから、繰り上げ返済は利用できないのが普通ですが、キャッシングには自由に返済できるというメリットがあります。
手続き不要でいつでも好きなときに返済することが可能ですから、日常的に繰り上げを行うことが可能なのです。
住宅ローンでは回数指定返済が普通ですか、借入額が大きいために繰り上げを行うことで大幅に負担を減らすことが可能となってきます。
一方でキャッシングの場合にはリボルビング返済をなっているため、元金を早く減らせばその分だけ金利の負担を低減することが可能なのです。
リボルビング返済では金利負担が大きいため、最終的な返済額が膨らみやすいという特徴がありますので、早期完済を目指す場合には繰り上げ返済が有効な手段となるのです。
キャッシングには審査簡単で借り入れしやすいメリットがありますが、金利が高く利息の負担が大きくなるという特徴もあります。
そのために返済は簡単ではないというのが一般的な状況となりますが、繰り上げ返済が自由にできることでキャッシングでも金利の負担を減らすことができるのです。